厚木市立病院

足の外科外来

足の外科外来について

“足の外科外来”では、下腿(すね)から足趾までの様々な疾患を取り扱っております。

 足の病気は、外反母趾・扁平足・モートン病・足底筋膜炎をはじめ、足関節捻挫・変形性足関節症、シンスプリント・下腿の疲労骨折など多岐にわたります。

 さらに個々の疾患が関連し、痛みや変形が発生することも少なくありません。

 長年足の痛みでお困りの方は、ぜひ“足の外科外来”を受診してください。

 日常、足首を捻った際に発生する足関節捻挫の中には、靭帯が切れているものもあります。

 靭帯が切れたままにしておくと「何年かしてから足の関節がガタガタしてきて踏み込みができない」、「歩くと足首や足が痛くてたまらない」といった変形性足関節症による症状が発生することもあるため、最初の診断と治療が大変重要となります。

 腫れて痛みが強い際には、捻挫として疑うのではなく、靭帯損傷や骨折の可能性があるので、受診をおすすめいたします。

 最近では、関節鏡を使用した低侵襲な靭帯縫合術も可能となり、手術後も早期からスポーツ復帰も可能となっております。

 

足の外科外来

診療日時 : 第2、第4、第5週金曜日

 診療場所 : 整形外科外来

 担当医師 : 齋藤 滋

 

※ 医療機関の方は、お手数ですが事前に患者支援センターへ連絡をお願いします。

(患者支援センター ファックス番号:046-294-3335)

TOPへ