厚木市立病院

鼠径ヘルニア(脱腸)外来

外科外来では、紹介型の脱腸外来を行っています。

 足(太もも)の付け根に腫れや違和感がありましたら、かかりつけ医に受診し、脱腸と診断されたときは、医師と相談のうえ事前に予約をしてから、紹介状を持って受診してください。
 医療機関の方は、お手数ですが事前に患者支援センターへ連絡をお願いします。
 (患者支援センター ファックス番号:046-294-3335)
  診療日時 毎週月曜日午後3時から
 
 かかりつけ医がない又は予約がない場合は、まずは外科外来(平日午前中)に受診してください。

  •  鼠径(そけい)とは、足の付け根の部分のことをいいます。
  • ヘルニアとは、体の組織が正しい位置からはみ出した状態をいいます。
  • 鼠径ヘルニア(脱腸)とは、お腹の中にあるはずの腹膜や腸の一部が、多くの場合、鼠径部から皮膚の下に出てくる病気です。

当院では、手術の前日に入院し、4日間程度の入院を予定しています。

退院後、一度受診し、問題がなければ診察終了となります。

TOPへ