麻酔科

診療案内

手術時の麻酔、救急蘇生、集中治療、痛みの治療(入院患者さんのみ、外来診療は実施していません)、など。

厚木市立病院で手術を受ける時の麻酔について

当院で行われる手術は年間約3,200件にもなります。これらの中で、麻酔を専門とする麻酔科医師が麻酔を担当する手術(麻酔科管理手術)は約1,700件で、全身麻酔が必要な場合、また脊椎麻酔でも合併症が多い重症の患者さんの場合に担当します。残りの約1,500件の手術(各科管理手術)の麻酔は患者さんの全身状態が比較的良好で局所麻酔や脊椎麻酔などで対応できる場合で、手術を執刀する医師自身が麻酔も実施します。

麻酔科管理手術の場合

あらかじめ「麻酔問診票」を患者さんご自身でご記入いただき、麻酔科にて事前にある程度の全身状態の評価を行います。この時、「麻酔説明書」をお渡ししますので、よくお読み下さい。

麻酔科医師の仕事

1 手術中の麻酔を中心とした全身管理

手術前

手術を受ける患者さんの不安を取り除き、患者さんとコミュニケーションを取り、安心して麻酔を受けられるように麻酔の手順等について詳細に説明させていただき、「麻酔同意書」を取り交わした上で、さらに合併症などがあれば同時にご説明します。

手術中

絶えず患者さんの傍にいて、血圧や心拍数、体温、呼吸の状態を把握し、安全に手術が遂行されるように働いています。もしも、手術中に患者さんの全身状態が急変しても、敏速に対応し患者さんの救命処置を行います。また、輸血等が必要な場合も麻酔科医師が状態を把握しながら適切に行います。

手術後

手術終了時、患者さんの意識を覚醒(目を覚まさせる)させ、通常の意識状態に戻すと同時に手術後の傷の痛みを和らげるための処置も行います。

2 呼吸循環管理を中心とした救急蘇生、集中治療の診療支援

麻酔科医師は全身麻酔を中心に日常的に呼吸循環管理を行っています。したがって、呼吸循環管理を中心とした全身管理の専門医でもあります。手術患者さんでなくても、救急の心肺停止状態の患者さんに対する蘇生処置、重症の呼吸不全や循環不全の患者さんの集中治療を主治医と一緒に行います。

3 痛みの治療(ペインクリニック)

外来治療は行っていませんが、入院患者さんの手術後の疼痛管理を中心とした痛みの治療を行っています。

スタッフ

下記の常勤医師3人に加えて非常勤医師や研修医師合わせて7人程度。

スタッフ
氏名 職名 各種学会の認定など
藤原 千江子 部長 厚生労働省麻酔科標榜医
日本麻酔科学会認定医・専門医・指導医
日本集中治療医学会集中治療専門医
安井 豊 上席医長 厚生労働省麻酔科標榜医
日本麻酔科学会認定医・専門医・指導医
日本集中治療医学会集中治療専門医
日本DMAT隊員
尹 志先 医長 厚生労働省麻酔科標榜医
日本麻酔科学会認定医・専門医