厚木市立病院

基本理念・基本方針

厚木市立病院基本理念・基本方針

1 基本理念

   「市民の皆様に信頼される医療を提供します。」

 

 2 基本方針

(1)  生命と健康を守るため、安全で良質な医療を提供します。

ア 急性期医療の充実に努めます。

 (ア)  2次救急を中心とした救急医療について

     救急搬送患者の受入体制を強化します。

 (イ)  脳卒中・心筋梗塞などについて

     それぞれの専門医による迅速な診療体制を整えます。

イ がん診療の充実に努めます。

  我が国の死因の第1位である「がん」に対する診療体制を強化し、地域がん診療連携拠点病院の指定を目指します。

 ウ 糖尿病及び高齢者に対する診療の充実に努めます。

  糖尿病の著しい増加と高齢化に伴い、様々な疾患が増加しています。これらに対応できる高度医療を提供します。

エ 小児・周産期医療の充実に努めます。

  安心して子育てできる環境を確保するため、小児科及び産婦人科の連携を密にした診療体制を整えます。

オ 災害拠点病院としての役割を担います。

  災害時の県央地域における医療体制の中心的役割を担うとともに、被災地への医療支援に努めます。

カ 地域の医療機関との連携を推進し、開かれた病院を目指します。

  周辺の医療機関とのスムーズな連携体制を構築し、地域医療支援病院として地域医療の中心的役割を果たします。

(2)真心のこもった医療を提供します。

   信頼される医療を提供するためには、病気だけを診るのではなく、患者さんの立場に立った全人的な診療が不可欠です。
   全職員が誇りと責任を持って、患者中心の真心のこもった医療の実践に努めます。

(3)健全な病院経営を推進します。

   安全で良質な医療を安定的に提供するためには、健全な病院経営が必要です。
   自治体病院としての公共性を十分に認識しつつ、経済性を考慮した健全で効率的な病院経営に努めます。

TOPへ