厚木市立病院

放射線技術科

X線CT画像

X線CT画像

マンモグラフィー

マンモグラフィー

放射線技術科について

私たちは、放射線などを利用した病気の画像検査と放射線治療を通じ、チーム医療の一員として患者さんのために専門知識を活用して診療放射線業務を行っています。
また、各診療科や地域の医師の要望に答え、患者さんを中心とした安全で良質な医療を提供するために、日々、進歩する医療機器や医療技術の修練に励んでいます。
その他、患者さんが安心して検査を受けることができるよう、機器の整備や管理を行い、安全性への配慮にも努めております。

画像検査

X線撮影、マルチスライスCT、MRI、RI(ラジオアイソトープ)検査等を行い、異常の有無の判断や治療方針の決定に必要な情報の提供を行っています。
X線撮影は最も簡便な検査の一つで胸部、腹部、骨などほぼ全身が対象となります。
マルチスライスCT検査はX線を用いて体の断層像を撮影することができ、短い検査時間で多くの情報を得ることができます。CTとMRIはそれぞれ得意とする疾患、部位が異なるため、目的に応じて使い分けられています。
RI検査は放射性同位元素を含む薬剤を注入し、その薬剤の集まり方で、臓器の形や働き、病気の位置を調べることができる検査です。

放射線治療

放射線治療は、手術療法、抗がん剤治療と並ぶがん治療の一手法です。放射線治療の利点は、形態機能を温存できること、高齢者や合併症があっても比較的低いリスクで行うことができることであり、生活の質(Quality of Life)を保ちつつ行うことができる治療です。放射線治療単独で行われることもありますが、手術療法や抗がん剤治療と組み合わせた治療も行っています。

医療機器

X線撮影装置4台、FCR乳房専用撮影装置、FPD搭載X線透視撮影装置、FPD搭載パイプレーン血管撮影装置、マルチスライスCT2台(128、16)、MRI(1.5T)、リニアック放射線治療装置、2検出器ガンマカメラ、移動型Cアーム透視撮影装置(2台)、3Dワークステーション、3次元放射線治療計画装置

TOPへ