平成27年度新採用職員からのメッセージ

H27年採用職員からのメッセージ1

氏名:中島 看護師1.中嶋愛望

所属:4A病棟

出身校:聖マリアンナ医科大学看護専門学校

1.自己紹介:

中学:陸上部、高校:硬式テニス部、15年間ピアノを習ってきました。

遊ぶこと、楽しいこと、イベントごとが大好きです。学生時代の忙しい時も

たくさん遊んで乗り越えてきました。ディズニーランド大好きで、よく行きます。

実家暮らしで犬と猫を飼っています。

2.うれしかったこと、楽しかったこと

先輩看護師に、患者さん一人ひとりに優しく接していると褒められたこと。

仕事に慣れてきて、時間処置やケアをスムーズにできるようになってきた。高齢者の採血も上手にできるようになったこと。

患者さんとお話ししている時楽しい。病棟の人たちと飲み会をしてカラオケに行ったこと。同期で焼き肉に行ったこと。

3.大変だと思うこと

受け持ち患者さんで検査があったり、ケア度の高い人が何人かいて、シャワー浴介助や清拭、トイレ介助、

経管栄養、口腔ケア、吸引、食事介助、など、ケアが多い時、優先順位を考えて行動していく必要がわかり、難しさを知った。

4.当院を選んだ理由

 私は聖マリの病院にしか実習に行ったことがなかったが、遠くて通いづらく、近い病院で働きたいと思った。

その時に、厚木市立病院のインターンシップに行き、病院の雰囲気や新人看護師への教育体制にとても惹かれた。

実習病院より、ここの病院の方が自分に合っていると思った。

実際に働いてみて、先輩看護師の丁寧な指導や教育体制を実感し、ここで働いて本当に良かったと思う。

 

H27年採用職員からのメッセージ2

氏名:嶋 看護師

所属:外来中央診療2.嶋真澄

出身校:横浜市医師会看護専門学校

1.自己紹介:

私は社会人を経験して、30歳で看護師免許を取得しました。目標があると

挑戦する年齢は関係がないと実感しています。

今の目標は、自立した看護師になる事です。現在勤務している救急センター

は、初めてで分からないことだらけです。その為、先輩にアドバイスを貰ったり、

自己学習しています。

将来、災害に関わる看護師になりたいと考えています。まだまだ目標に向かい挑戦中です。

 

2.うれしかったこと、楽しかったこと

私は救急センターで勤務していますが、先輩方はベテランばかりで、緊急性のある場面でも患者さんだけでなく、

ご家族への配慮を行い、処置はそつのない行動が出来る先輩に対し、「凄い」と尊敬の眼差しの毎日です。

 

3.大変だと思うこと

救急センターを受診する患者さんは、年齢は小児から高齢者まで幅広く、疾患も様々です。

また患者さんだけでなく、ご家族も不安を抱えていることが多く、看護を必要とする対象と考えます。

私は、診療・検査・処置がスムーズに進むことばかりに気を取られ、

ご家族に対する対応は十分に行えていただろうかと日々反省しています。

 

4.当院を選んだ理由

 以前、私は心臓疾患専門病院で働いていました。ナース間だけでなく、他職種とも関係が良く

働きやすかったです。しかし、更なる看護の知識と経験を深めるには、

色々な診療科のある病院で働きたいと思いました。

また、「災害看護に関わりたい」という思いがありましたので、災害拠点病院であり、

DMATチームのある当院で働きたいと思い入職しました。

 

H27年採用職員からのメッセージ3

3.玉屋愛莉氏名:A 看護師

所属:3A病棟

出身校:県立衛生看護専門学校

1.自己紹介:

今年から看護師になりました。

3A(産婦人科、外科・整形外科の女性の混合病棟)に配属になり、

毎日先輩方にフォローして頂きながら頑張っています。

 

2.うれしかったこと、楽しかったこと

先輩方が、こまめに声をかけて下さり、分からないことがあれば詳しく教えて下さること。

患者さんと接していて、名前を覚えて頂いたり、笑顔になって下さることが嬉しいです。

 

3.大変だと思うこと

覚えることが多く、業務に慣れていくのが大変でした。

3か月目に入り、やっと流れがつかめて少しずつ動けるようになりました。

日々の学習もコツコツやらないと大変です。

 

4.当院を選んだ理由

 病院が新しく建て替えになっていて、今後に期待できると思った。

福利厚生や休暇がしっかりしていて、ずっと働けるのではないかと思ったからです。

また、インターンシップで看護師の働いている姿を見て、協力して動いていて素敵だと感じたためです。