厚木市立病院

新型コロナウイルス感染症に対する対応について

2020/04/21

 当院は、神奈川県の第二種感染症指定医療機関に指定されており、現在、6床の感染症病床を有しておりますが、新型コロナウイルス感染症の拡大を見据え、移行期・蔓延期の中等症患者のさらなる受入れに向け、新たに16床を追加し、22床まで拡大いたしました。

 新型コロナウイルス感染症患者の治療にあたっては、専門知識を持った医療スタッフの指導の下、感染症病床を隔離するほか、院内における感染対策にも万全を期していることから、一般の外来診療及び入院診療についての影響はありませんので、安心して受診くださるようお願いいたします。

 なお、当院では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のために全力で取り組んでおりますので、当院の取組につきまして、皆様の御理解と御支援を賜りますようお願い申し上げます。

令和2年4月21日
厚木市病院事業管理者 長谷川 節

TOPへ