厚木市立病院

病院給食における消費期限を過ぎたパンの提供について

2020/09/11

厚木市立病院において9月11日(金)の朝食で、入院中の患者に消費期限切れのロールパン(1個包装23個)を提供してしまいました。

入院中の皆様及びそのご家族・関係者の皆様にご心配をおかけしたことをお詫び申し上げます。

 

1 経過と対応

【8時ごろ】

朝食で提供したパンに、消費期限が令和2年9月10日(納品令和2年9月8日)のものがあり、患者さんから消費期限が切れているとのご指摘をいただきました。

【8時15分ごろ】

直ちに、パンの提供状況を確認した結果、80人の内8人に消費期限切れのパンが提供されていました。

残る72人の内、46人の方には消費期限内のパンが提供されたことが確認されましたが、26人の方は不明でした。

提供されたパンの数は239個で、その内消費期限が切れていたパンは23個であることが判明しております。

パンを提供した全ての患者さんに確認をとるとともに、謝罪いたしました。また、消費期限切れのパンを提供した8人と、不明の26人の患者さんには、体調に変化があった場合はお申し出いただくようお願いしました。

 

2 原因

パンはバットに入れて日付ごとに管理しています。9月10日(木)に消費期限が切れるパンは当日14時に廃棄することとなっていましたが廃棄されず、新しく納品されたバットを上に重ねてしまったため、混在してしまいました。

また、給食を配膳する際には、担当者が消費期限を最終確認することになっていますが、一番上の新しいバットしか確認をせず、提供してしまいました。

 

3 再発防止策

給食の提供は、複数人が作業を引き継ぎながら関わっていたため、今回の事案が発生しました。今後は、状況を理解している担当者が、全ての作業を行い、廃棄作業時は、担当者が日付と個数を確認し、複数人によるチェックも行うことで、管理を徹底します。

 

 

 

問合せ

厚木市立病院 事務部門 施設用度課

電話番号 046(221)1570

 

 

TOPへ