厚木市立病院

新型コロナウイルス感染症患者増加に伴う予定手術等の一時延期について

2021/09/10

 厚木市立病院出は、新型コロナウイルス感染症患者の増加に伴い、8月30日から一般病床の一部を感染症専用病床として転用し、主に中等症患者に対応しています。

 現在、緊急事態宣言が発令されている中、当院で受け入れる患者は増加の一途をたどっており、さらなる患者数の増加に対応するため、9月13日(月)から10月10日(日)までの間、緊急を要しない予定手術の一時延期などの対応といたしますので、ご理解とご協力をお願いします。

 なお、救急医療体制については、これまでどおり万全を期してまいります。

 現在の新型コロナウイルス感染症の状況において、当院の果たすべき役割と厳しい状況をご理解いただくとともに、引き続き、感染対策の徹底にご協力くださるようお願いします。

厚木市立病院 院長 長谷川 節

TOPへ