厚木市立病院

新型コロナウイルス感染症病床の縮小について

2021/10/21

 新型コロナウイルス感染症の入院患者増加に対応するため、令和3年8月30日から感染症病床を24床から44床に拡大していましたが、同感染症入院患者数が減少に転じた状況を踏まえ、11月1日から増床した20床分を一般病床に戻し、感染症病床を24床にします。

院長 長谷川 節

 

TOPへ