厚木市立病院

形成外科

診療案内

皮膚レーザー治療について
当科ではQスイッチルビーレーザーと、色素レーザーの2種を扱っています。
皮膚レーザー治療には保険診療と自費診療があります。
対象疾患は表のようになります。
保険診療の対象疾患における再発は、同じ部位に対しては初回治療を含め2回を限度として、3回目以降は自費診療となります。

保険診療 太田母斑、異所性蒙古斑、外傷性刺青、扁平母斑、いちご状血管腫、単純性血管腫
自費診療(ERCP) 老人性色素斑、雀卵斑(そばかす)、毛細血管拡張症など

合併症:炎症性色素沈着、色素脱失、瘢痕・ケロイド化など

外来診療担当

外来担当表はこちら

TOPへ