厚木市立病院

泌尿器科

おしっこの悩みから、最新のがん治療まで

診療案内

 泌尿器科がどんな病気をみて、どんな治療をするところか、あまりご存じない方も多いかもしれません。
泌尿器科が通常診療する病気は、前立腺肥大症、過活動膀胱、尿失禁、骨盤臓器脱(膀胱瘤、子宮脱、直腸瘤)、尿路感染症、尿路結石などの良性の病気と、前立腺がん、膀胱がん、腎がん、腎盂尿管がん、精巣がん、副腎がん、尿道がん、陰茎がんなどの悪性の病気と多岐にわたります。このような病気の症状としては、尿が出にくい、勢いがない、頻尿、尿漏れ、残尿感、排尿時痛、陰部の違和感、突然の腰痛、発熱、血尿、陰嚢の腫れなどさまざまです。また、初期のがんなどは、前立腺がんの腫瘍マーカー(PSA:前立腺特異抗原)が高いだけなど、症状がないこともあります。
 当科では、このような病気の治療を地域の皆さんがわざわざ遠くの病院に通うことなく、当院でガイドラインに準じた標準治療を受けられるように、また、生活の質や皆さんの希望を重視した診療を心がけています。
 手術療法では、がんに対する低侵襲な腹腔鏡手術、レーザーを使用した内視鏡手術、対外衝撃破砕石術、骨盤臓器脱に対する腹腔鏡下仙骨膣固定術、尿失禁に対するメッシュテープを用いた手術、難治性過活動膀胱に対するボトックス膀胱注入療法、仙骨神経刺激療法、そのほかにもさまざま行っています。
 手術療法以外では、良性の病気に対するお薬の治療のほか、がんに対する抗がん剤治療、放射線治療、新しい治療である分子標的薬治療、がん免疫治療、遺伝子治療、ラジウム223によるラジオアイソトープ治療、医療用麻薬によるがん疼痛緩和など、厚木にいながら最新の治療をうけていただけます。
 泌尿器科はなかなか受診しづらい診療科かもしれませんが、紹介状がなくてもかまいませんので、悩まずにぜひ、当院泌尿器科を受診してみてください。

医師紹介

部長
畠 憲一
「厚木で世界の標準治療を受けられるように努力します」
[専門]尿路悪性腫瘍、女性泌尿器
日本泌尿器科学会認定専門医・指導医/緩和ケア研修修了医/日本がん治療認定医機構がん治療認定医
医員
阪中 啓吾
「安全な、そして皆さんひとりひとりにあった医療を提供できるよう、日々精進してまいります」
[専門]前立腺がん、排尿障害
医員
川原田 綺香
「男性の患者さんだけでなく、女性の患者さんにとっても泌尿器科が身近で相談しやすい場となるよう尽力します」
[専門]女性泌尿器、尿路上皮がん、過活動膀胱
医員
齋藤 駿
「患者さんの訴えにしっかり耳を傾け、より良い治療を見つけていけるように精一杯頑張ります」
[専門]尿路結石、尿路感染症、前立腺肥大症

 

主な疾患

尿路結石、泌尿器科悪性腫瘍、前立腺肥大症、膀胱がん、前立腺・腎・腎孟・尿管、副腎腫瘍、骨盤臓器脱など

外来診療

毎週月~金曜に外来を行っています。初診受付は各日午前8時30分~午前11時です。
毎週火曜の午前には、小児包茎外来も行ています。
外来担当表はこちら

診療実績

お知らせ

TOPへ