厚木市立病院

眼科

患者さんに満足いただけるレベルの高い医療を提供

診療案内

 当院では、紹介患者さんを中心に幅広い眼科関連領域の診療をしています。特に白内障手術では、過熟白内障・急性緑内障発作・水晶体脱臼などの難症例にも対応しています(多焦点眼内レンズは非対応)。
 さらに、網膜硝子体疾患(糖尿病網膜症、裂孔原性網膜剥離など)では27ゲージシステムを用いた極小切開硝子体手術を積極的に実施し、加齢性黄斑変性などの疾患に対する抗VEGF薬硝子体内注射も数多く行っています。その他眼瞼や涙道手術に関しても可能な限り対応しています。
 難治性疾患(角膜移植や緑内障手術を要するものなど)は、大学病院専門医と連携し、病状の安定した患者さんに関しては近隣の眼科クリニックとの連携を強化しています。

医師紹介

上席医長
新井 香太
「出身地でもある県央エリアの眼科医療に少しでも貢献できるよう努めてまいります」
[専門]眼科一般/網膜硝子体/涙道
日本眼科学会認定専門医
医員
岸 孟史
「真心こもった診療が行えるよう、より一層頑張ります」
[専門]眼科一般
医員
林 怡嫻
「患者さんそれぞれの症状に応じた最善の治療ができるよう心掛けています。ちょっとしたことでもお気軽に相談してください」
[専門]眼科一般

主な疾患

白内障、網膜硝子体疾患など

外来診療

毎週月・水・金曜の午前に行っています。
また、毎月第4火曜の午後には斜視・弱視専門外来を行っています。

■「外来担当表」はこちらを確認してください。

お知らせ

TOPへ