厚木市立病院

眼科

診療案内

常勤医師3人、ORT3人で診療を行っています。月曜、水曜、金曜が一般外来で午前8時から11時まで受け付けています。午後は特殊検査とレーザー治療です。火曜と木曜は手術日となり初診は受け付けが午前10時30分までとなっています。(木曜は一部検査が行えない場合があります。)

 ※紹介状が必要です。

診療内容

広く眼科関連領域の疾患に対応しており、特に白内障、緑内障、網膜硝子体疾患(糖尿病網膜症、網膜剥離など)は手術療法を含め専門的に治療を行っています。月に1回第2木曜日に斜視、弱視専門外来を行っています。近隣の眼科医院との連携、また必要に応じて大学病院専門医との連携も積極的に行っています。

先進医療(多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術)

先進医療とは、厚生労働省が認めた医療機関のみが実施できる医療技術のことです。
当院では、平成30年8月より「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」が先進医療として承認されました。
これにより先進医療の手術は全額自己負担になりますが、手術前後の診察や検査、投薬等は、保険診療が適用されます。
先進医療の概要については、厚生労働省ホームページをご覧ください。

・先進医療に関する費用は、健康保険の高額療養費の対象になりません。
・生命保険会社などの先進医療特約等の給付金の支給対象については、契約している保険会社にお問い合わせください。

※先進医療承認事項

 
該当先進医療 多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術
診療科 眼科
適応症 白内障
費用 片眼 330,000円
承認年月日 平成30年8月1日

 

その他

日本眼科学会認定医研修施設

 午後は特殊外来(予約制)です。一般外来で必要に応じて予約を取らせていただきます。

スタッフ
氏名 職名 各種学会の認定など
小川 俊平 上席医長 日本眼科学会認定専門医
眼科PDT認定医
中村 仁紀 医員
山脇 佳子 医員

 

外来診療担当

外来担当表はこちら

TOPへ