厚木市立病院

ごあいさつ・スタッフ紹介

総合病院だからこそできる手厚いサポートを
産婦人科 部長 茂木 真

産婦人科 部長 茂木 真

当院では、自然分娩を基本とし、患者さんの目線に立った医療を心掛けています。当院で出産するメリットは、なんといっても総合病院だからこそできる、多岐にわたる診療科連携による手厚いサポートです。帝王切開や硬膜外麻酔分娩における麻酔は麻酔科専門医が対応しますので安全で質の高い疼痛管理が提供できます。ハイリスク妊婦に対しては、各領域の専門医とともに診療を行い、分娩の際には小児科医師も立ち会いますので、安心してお産に臨んでいただくことができます。また、産婦人科、麻酔科、小児科共に常勤の女性医師もいますので、ご希望があれば気軽にご相談ください。
公立の総合病院として、安心・安全でより多様なニーズに対応するため、患者さん一人一人に寄り添い、出産だけでなくその後の育児につながるサポートをしていきます。

スタッフ紹介

安心・安全な出産をサポートします

皆さんのそばで一緒に生命の誕生を見守り、支えます
医員 松田 祐奈

医員 松田 祐奈

初めて出産をみたときに感動し、生命の誕生に魅せられて産婦人科の道を選びました。医師になって6年経ちますが、いつになっても出産には感動を覚えます。皆さんと一緒に生命の誕生に立ち会えることを嬉しく思います。
妊娠中も分娩中も不安なことはたくさんあると思いますが、より良いお産となるように精一杯努めます。どうぞよろしくお願いします。

 

患者ひとりひとりに寄り添った親切・丁寧な診療を
医員 岡 和彦

医員 岡 和彦

2020年4月から当院に勤務しています。それ以前は東京慈恵会医科大学病院に勤務し、産科と婦人科を幅広く扱ってきました。その経験を生かして、さまざまな患者さんの悩みに応えつつ、親切・丁寧に診療します。

 

「ここで産んで良かった」と思ってもらえるサポートを
助産師 神谷 初美

助産師 神谷 初美

母子の安全を第一に考え、妊婦さんに寄り添い安心できるお産となるよう全力でお手伝いをさせていただきます。入院中はお母さんと赤ちゃんの絆を育み、「当院で出産して本当に良かった」と心から思っていただけるよう、スタッフ一同親身になってサポートします。

同じ女性として寄り添い、共感し心あたたかな看護を
病棟看護師 村田 美彩

病棟看護師 村田 美彩

産婦人科病棟には、出産を迎えてお母さんとして一歩を踏み出す方や、さまざまな婦人科の病気を抱えた方が入院されます。
同性として、さまざまな女性の患者さんの喜びや悲しみ、痛みに共感して寄り添い、その人らしい人生を歩んでいただけるよう心あたたかな看護を心掛けています。
また、患者さんを支えるご家族のケアも大切にし、退院後の生活がより良いものになるよう、病棟スタッフ全員でサポートします。

連携スタッフ紹介

産婦人科と協力してより良いお産を
副院長兼麻酔科主任部長兼ICU・CCU部長兼医療安全管理室長 藤原 千江子

副院長兼麻酔科主任部長兼ICU・CCU部長兼医療安全管理室長 藤原 千江子

帝王切開、麻酔分娩(いわゆる無痛分娩)時には、日本麻酔科学会専門医が対応します。お母さんにも赤ちゃんにも快適で安全な麻酔を心がけます。

産まれてくる赤ちゃんへの不安を解消
小児科 上席医長 伊藤 亮

「産まれたばかりの赤ちゃんに、もし何かあったらどうしよう」という不安はありませんか。当院は、産婦人科および小児科の医師が24時間体制で常駐しております。赤ちゃんへの”もし〇〇だったら”という不安を少しでも解消し、皆様に「安心と安全」を提供できるよう、我々小児科スタッフも努めさせていただきます。

 

 

TOPへ