厚木市立病院

がん診療について

お住まいの地域で高度ながん治療が受けられます。

 日本人の死因第1位はがんです。がんから患者さんを守るがん診療は、地域の中核病院である当院の最も重要な使命の一つです。総合病院である当院では、大腸癌、肺癌、胃癌をはじめ、数多くのがん治療を外科、泌尿器科、呼吸器内科、消化器内科、産婦人科、皮膚科、脳神経外科、整形外科、放射線科が行なっています。

 治療に当たる全ての医師が東京慈恵会医科大学で専門的な教育を受けており、「病気を診ずして病人を診よ」という同大学の創設者・高木兼寛の言葉を座右の銘に、常にエビデンス(科学的根拠)に基づいた質の高い医療を提供するとともに、患者さんの立場に立った診療の実践を心掛けています。

 がんの治療には、「手術療法」「薬物療法」「放射線治療があります。医師は、患者さんやご家族に十分な情報を提供した上で最も適した治療法(の組み合わせ)を一緒に選択していきます。

  

 がん治療を受ける患者さんやご家族は、病名の告知を受けた時から心理的・社会的苦痛を抱えます。また、手術後の疼痛や薬物治療による副作用も患者さんにとって大きな負担になります。私たちは、がん治療を行う全ての患者さんとご家族の身体的・心理社会的な痛みを早期に認識し、適切に対応することを「緩和ケア」と考えています。当院では、医師や看護師、薬剤師などで構成する緩和ケアチームが、さまざまな治療の局面で起こる患者さんの苦しみを多角的に捉え、苦痛の緩和に取り組んでいます。また、患者支援センターを介して行政と協力し、社会的サポートも行います。

 令和3(2021)年3月には「がん相談支援センター」を開設予定です。公立の総合病院として万全の支援体制を整備し、よりきめ細かなサポートをしていきます。

主な対象疾患

  • 大腸癌
  • 肺癌
  • 胃癌
  • 膵臓癌
  • 肝癌
  • 乳癌
  • 前立腺癌
  • 膀胱癌
  • 腎癌
  • 精巣腫瘍
  • 副腎癌
  • 子宮頸癌
  • 子宮体癌
  • 卵巣癌
  • 皮膚腫瘍

関連ページリンク

手術療法」「薬物療法」「放射線治療」「緩和ケア

神奈川県がん診療連携指定病院プロジェクト

TOPへ