厚木市立病院

入院医療費の算定方法

入院医療費について

投薬、検査、手術及び処置などに要する費用は、健康保険法の規定により算出されます。
市立病院では、平成21年4月1日から検査や投薬、注射などの診療行為ごとに医療費を計算する「出来高払い」ではなく、「DPC(診断群分類包括評価方式)」を採用しています。
DPCは、病名や手術、処置などの内容に応じ、厚生労働省によって定められた1日当たりの定額の医療費を基本として全体の医療費を算定する「包括払い」方式です。
なお、手術やリハビリ、内視鏡などについては、これまでどおり出来高払い方式で算定しますので、入院費にかかる医療費は、包括分と出来高分をあわせたものになります。

  • 食事代や有料個室代は従来どおり出来高で算定します。
  • 患者さんの病気、治療内容等によっては、DPCの対象とはならず、今までどおり出来高になる場合もあります。
  • 入院医療費は、入院中であれば、毎月月末で締め切り翌月10日頃に請求書をお渡します。退院時は、退院日に請求書をお渡しします。
    また、入院中の経過や治療内容により病名(診断群分類)が変わる場合は、入院日からの医療費の再計算をしますので、退院時等に前月までの支払額との差額を調整することもあります。

Q&A

Q1 どうしてこの制度が導入されるのですか?

DPCについては、包括支払制度として支払方法の側面が強調されますが、本来の目的は医療の標準化、透明化であり、最終的には質の高い医療サービスを患者さんに提供する体制を整備することにあります。

Q2 すべての入院患者がこの制度の対象になりますか?

交通事故・正常分娩などの自費診療、労災保険など医科保険以外の保険適用の方は出来高払いになります。

Q3 DPCで医療費は高くなりますか?

患者さんの病気や診療内容によって入院医療費が決まります。したがって、病名(診断群分類)によって高くなる場合もあれば、安くなる場合もあります。

Q4 高額療養費の扱いはどうなりますか?

高額療養費制度の取り扱いは、従来どおり変わりありません。

Q5 長期に入院しても1日当たりの点数は同じですか?

1日当たりの点数は、病名(診断群分類)ごとに3段階に区分されており、入院が長くなるほど1日当たりの点数は安くなります。また、入院が長期にわたり、診断群分類ごとに定められた入院日数を超えてしまうと出来高計算になります。

入院中に他の病気の治療を希望される場合

DPCは、ひとつの病名(診断群分類)に対して入院診療を行うことを前提とした制度です。そのため、緊急を要しない他の病気の治療を希望された場合は、退院後にお願いすることになりますので、あらかじめご了承ください。

TOPへ