厚木市立病院

血管外科

血管外科のスペシャリストによる体に負担の少ない治療

診療案内

 血管外科では、腹部大動脈瘤や頸動脈狭窄症、閉塞性動脈硬化症、下肢静脈瘤、透析シャントトラブルといった血管の病気を治療しています。
 当院では、最新式のX線透視フラットパネルを備えたハイブリッド手術室を完備。標準的な外科手術のほか、ステントグラフト内挿術といった血管造影を活用した治療やカテーテルを用いた低侵襲な血管内治療、X線透視を併用した先進的な血管外科手術を行っています。
 多数の症例経験のある腹部ステントグラフト指導医が2人在籍し、日本ステントグラフト実施基準管理委員会の施設認定も取得。血管外科を専門とする医師が常勤し、患者さんに負担の少ない治療を行います。

医師紹介

部長(血管外科担当)
黒澤 弘二
「当院の血管外科は、日本有数の血管外科である慈恵医大グループに属し、カテーテルを扱う血管内治療と、メスを扱う手術治療の双方に習熟した血管病の専門家です、患者さまとご相談し、最適な治療を提案します」
[専門]血管外科全般(腹部大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症/頸動脈狭窄症/下肢静脈瘤など)
日本外科学会認定医・専門医/心臓血管外科専門医/日本脈管学会認定脈管専門医/日本血管外科学会認定血管内治療医/腹部ステントグラフト実施医・指導医/胸部ステントグラフト実施医・指導医/下肢静脈瘤血管内レーザー焼灼術実施医・指導医/ECFMG(米国医師国家試験)Certificate/フットケア指導士/浅大腿動脈ステントグラフト実施医

 

主な疾患

腹部大動脈瘤、頸動脈狭窄症、閉塞性動脈硬化症、下肢静脈瘤、透析シャントなど

外来診療

時間予約制。毎週火・木・金曜に実施しています。急患にも対応しています。


 

 

■外来担当表はこちらを確認してください。

TOPへ