平成29年度 厚木市立病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 816 225 191 248 573 712 1497 2447 1461 191
当院は、基本方針に掲げてありますように、「急性期医療の充実」とともに、「がん診療の充実」、「糖尿病及び高齢者に対する診療の充実」、そして「小児・周産期医療の充実」に努めています。平成29年度も、60歳以上の患者さんが66.9%を占めており、合併症が多く重症化しやすいご高齢の患者さんが大多数を占めていました。また、近隣の医療施設で対応困難な新生児、乳幼児の入院も前年度よりさらに増えています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 74 12.09 11.99 0 69.86
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 74 9.62 10.61 1.54 77.68
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 53 4.32 3.59 0 72.3
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 43 24 21.25 20.83 82.19
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 33 15.97 14.83 14.6 70.82
肺悪性腫瘍、誤嚥性肺炎と呼吸器疾患が多く認められます。 その背景には日本人平均寿命の高齢化以外に、近隣病院の呼吸器疾患専門医師の減少による患者さんの集約化が考えられます。実際、肺悪性腫瘍の平均年齢は70歳前後であり、高齢です。抗がん剤治療、放射線治療による積極的治療が行われている患者さんが大多数ですが、全身状態不良につき、積極的治療の適応なく、緩和医療が行われている患者さんも少なくありません。平均在院日数は全国の平均日数とほぼ同等であり、転院率が低いことから、死亡転帰に至るまで、緩和医療を含めた治療を当院にて全うされた患者さんが多いことが考えられます。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 148 3.09 3.03 0.68 67.82
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 86 4.49 4.62 0 70.45
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 41 19.56 17.71 19.51 81.73
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 35 12 12.72 5.71 69.91
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 26 13.73 11.21 0 78.73
循環器内科では狭心症などの虚血性心疾患に対し、腕や足の血管から心臓まで管を通して行う心臓カテーテル検査や治療のために入院する患者さんが多くなっています。また、心不全で治療を受けられる患者さんも増えてきており、平均年齢は81歳を超えていることから、後期高齢者の患者さんの割合が多いことがわかります。そのほか、従来通り急性心筋梗塞で入院され、治療を受けられる患者さんや、失神等をきたす徐脈性不整脈の患者さんも多くなっています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 103 7.04 6.32 0 3.23
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし 77 5.62 6.03 1.3 1.18
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 74 6.62 5.7 0 2.65
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 73 6.16 5.94 0 1.38
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 60 3.73 5.5 1.67 4.45
小児科は地域の小児科入院施設として幅広く診療を行っています。気管支喘息発作や急性肺炎、気管支炎などの呼吸器疾患の治療が最も多く、次いでウイルス性胃腸炎などの消化器疾患が多くを占めています。 インフルエンザでの治療ではそのほとんどが当院の治療で軽快していますが、痙攣や意識障害が続く場合には三次病院に診療を依頼することもあります。その他、川崎病、痙攣性疾患、内分泌疾患、腎泌尿器疾患、新生児疾患など小児の急性期疾患を中心に診療をしています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 55 2.98 3.2 0 68.11
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 副傷病なし 42 4.9 4.47 0 68.48
060020xx99x30x 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 38 7.55 6.83 0 73.32
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 36 14.92 15.61 0 70.61
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 10.11 8.98 3.57 64.79
下肢静脈瘤の手術はレーザー治療が基本となっています。平成28年より開始したレーザー治療数は年々増加していて、平成29年は80件を超していますが、約三分の一は外来手術となるため、入院数は標記のとおりとなります。入院の場合は前日入院、手術翌日に退院となります。   大腸癌の化学療法に関しては、当院では患者環境・地理的な要因もあり、FOLFOX/FOLFIRIは入院で行うことが多く、また、各レジメンの初回投与も原則入院としています。FOLFOX/FOLFIRIでは前日入院で退院は治療終了日または翌日のため標記の日数となります。 胃癌の化学療法はS-1+シスプラチンの場合、シスプラチン投与および点滴負荷の数日を入院で行っています。また、各レジメンの初回投与も原則入院としています。シスプラチン投与にあたっては前々日または前日入院でクレアチニンクリアランスを測定し、最低3日間は点滴負荷を行うため標記の入院日数となっています。 結腸癌/直腸癌の手術は合わせて90例を越しています。その80%は腹腔鏡補助下の手術です。結腸癌はすべて腹腔鏡補助下で行われており標記の数となります。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070370xx97x0xx 脊椎骨粗鬆症 その他の手術あり 手術・処置等2なし 63 27.9 25.67 58.73 81.48
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし 51 22.35 22.44 66.67 80
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 43 29.53 25.09 2.38 72.3
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 41 4.78 5.21 0 52.93
160850xx97xx0x 足関節・足部の骨折、脱臼 その他の手術あり 副傷病なし 37 16.49 9.49 13.51 42.7
整形外科では、ロコモティブシンドロームに対する治療を行うとともに、予防を目的に市民向け講演会等による啓発を積極的に行っています。 そして、代表疾患である腰部脊柱管狭窄症や変形性膝関節症に対する手術療法を積極的に行っています。 また、軽微な外力により高齢者に発生することが多い大腿骨近位部骨折に対して、骨接合術や人工骨頭置換術などの手術後における地域連携パスの導入や地域の医療機関との病診連携を通じて骨粗鬆症に対する積極的な治療を行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 47 19.74 16.38 36.17 69.81
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 37 8.97 9.68 10.81 75.7
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2なし 36 6.06 6.28 0 66.89
010070xx9910xx 脳血管障害 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 35 2.11 3.25 0 70.77
070160xx01xxxx 上肢末梢神経麻痺 手根管開放手術等 35 4.89 12.24 0 44.03
脳神経外科に入院される患者さんで最も多い診断群分類は脳梗塞で、次に頭部外傷が続きます。脳梗塞の診断が得られた患者さんは通常脳神経外科病棟に入院され、半数以上の方がエダラボンを併用した治療を受けています。脳梗塞の治療で入院される患者さんの平均年齢は69.8歳、平均在院日数は19.7日です。脳梗塞に次いで多い患者数である頭部外傷に関しては、手術を要す群と要さない群で違いはありますが平均年齢は75.7歳、平均在院日数は9.6日です。高齢の患者さんで頭部外傷を起点に数か月後に発生する慢性硬膜下血腫の発生率が高く、そのような患者さんは手術を要します。以下、頻度順に一過性脳虚血発作、脳血管障害、上腕神経障害が続きます。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 40 8.03 9.91 0 44.7
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 24 3.67 4.98 0 66.96
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 21 10.95 10.27 0 50
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 20 6.45 6.37 0 40.15
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 19 9.47 9.27 0 70.89
産婦人科は、地域の中核施設として、婦人科手術と分娩を中心に診療を行っています。 入院患者さんの中で、最も多いのは過多月経などを主訴とした子宮筋腫などの良性疾患の方です。挙児希望、子宮温存希望がない方には根治性の高い腹式単純子宮全摘術を行います。 良性の卵巣腫瘍に対しては腹腔鏡手術を行う場合と開腹で行う場合があります。 開腹手術の場合は術後1週間程度で退院します。腹腔鏡手術の場合術後5日程度で退院します。婦人科悪性腫瘍に対しても、手術、化学療法、放射線治療を行っています。入院件数は周期的に行われる化学療法が多くなっています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 41 6.17 10.21 0 60.76
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり片眼 31 4.77 8.51 0 75.1
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 26 5.19 7.31 0 70.77
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし片眼 18 5.67 7.96 0 55.61
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり片眼 14 4.29 6.63 7.14 62.57
眼科での入院は基本的に手術療法を目的としています。本統計に含まれない白内障に対する水晶体再建術目的の入院を除くと、網膜硝子体手術と緑内障手術の適応となる症例が上位を占めています。網膜剥離の緊急手術の件数が増加し全体での第一位となったこと、緑内障手術目的の入院が増加したこと、が本年の特徴といえます。また、重症の増殖糖尿病網膜症が第4位に続いています。病診連携が良好に機能し、より重症の患者さんをご紹介頂ける様になってきました。今後も手術療法を必要とする患者さんを積極的に受け入れていきます。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 56 8.75 8.01 0 21.05
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 43 6.81 7.23 0 54.02
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 42 6.36 5.48 0 37.26
030428xxxxxxxx 突発性難聴 42 6.43 9.18 0 59.4
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 扁桃周囲膿瘍切開術等 21 6.86 7.22 0 36.14
耳鼻咽喉科で最も多い入院症例は咽喉頭炎、扁桃炎、扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍といった咽頭・喉頭の炎症性疾患となっております。続いて扁桃腺の手術症例が多いため入院数でも扁桃、アデノイドの慢性疾患が多くなっております。次が、同様に手術数の多い慢性副鼻腔炎であり、さらにその次に突発性難聴に対するステロイドの点滴入院となっております。表では扁桃慢性疾患、副鼻腔炎の順になっておりますが、細かい分類を合わせると咽喉頭の炎症性疾患が最多になります。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 44 10.82 9.73 0 74.57
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 38 8.58 7.31 0 71.58
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 36 5.83 5.75 0 62
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患 手術なし 副傷病なし 25 4.6 5.39 0 54.8
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 23 7.91 7.64 0 70.22
泌尿器科では、例年通り、手術目的の前立腺肥大症や、膀胱癌、前立腺癌など悪性腫瘍に対する手術目的の入院が多くなっています。そして、平成29年度も従来に増して治療の難しい、転移を有する進行した腎癌、腎盂尿管癌、膀胱癌、前立腺癌などに対し、化学療法、放射線療法、手術を組み合わせた集学的治療を行う患者さんがさらに増えています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 37 21 21 53 24 37 1 7
大腸癌 18 30 66 31 24 168 1 7
乳癌 - 19 - - - 12 1 7
肺癌 20 - 34 132 43 93 1 7
肝癌 11 - - - 12 25 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では胃癌・大腸癌・肝癌の患者さんは消化器内科・外科で、乳癌は外科で、肺癌は呼吸器内科・外科で診療しています。手術のみならず、化学療法・放射線療法を積極的に行う就学的治療に力を入れています。初回の根治手術の方はもとより、遠隔転移のある患者さん、再発を来した患者さんにも積極的に治療をしています。全体を通して、"ステージIV"や"再発"が多いことがわかります。特に肺癌では手術治療のできない状態、または再発がかなり多いことがわかります。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - 7.6 45
中等症 52 13.1 76.9
重症 14 20.4 87.3
超重症 - 24.5 81.5
不明 0 0 0
重症度別では中等症の肺炎患者がもっとも多く、平均年齢の上昇とともに、重症度も上昇する傾向があります。 軽症肺炎は平均年齢が45歳と低く、重症化するリスク因子として年齢が関与していることが考えられます。 平均在院日数も重症化とともに長くなる傾向が見られ、重症市中肺炎ほど全身管理を要するため、軽症肺炎より在院日数が長期化しているものと考えられます。 重症、超重症市中肺炎患者の中には死亡転帰となった患者が含まれている可能性もあります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 144 26.83 71.06 37.95
その他 22 17.73 73.55 3.61
当院では、脳梗塞発症患者さんのほとんどは、脳神経外科にて加療を行っております。 脳梗塞(特に急性期脳梗塞)患者さんの平均年齢は69歳であり、平均在院日数19日でした。発症日から3日以内の脳梗塞患者さんの割合が高く、平均約1ヶ月弱の急性期治療とリハビリを行う経過が典型的です。その後は、自宅退院や施設入所等の方もおりますが、3人に1人は継続的なリハビリを必要とされ、近隣のリハビリ専門の病院へ転院されております。また、一過性脳虚血発作(脳梗塞の症状を一過性に示しながら、画像上脳梗塞が確認できないもの)で入院されている方もおります。平均年齢66歳で6-7日の入院を要しています。その間に点滴や脳、頸動脈検査などを施行します。この病態は、脳梗塞に進展する一歩手前と考えられており予防の観点からは早期介入が望まれます。平均年齢は約60歳代であり現代では就労中の方も多いですが、当院では積極的な介入を行い、一次予防にもつとめております。さらに近年では食事の欧米化にともない糖尿病や高コレステロール血症の割合が多くなっています。糖尿病、高脂血症の既往を有し喫煙歴のある患者さんの中に頚部内頚動脈狭窄症の患者さんが増加しています。この病態ではプラークと呼ばれる塊が頸動脈内腔を占拠し血流阻害を引きおこすことで相対的に脳血流が低下します。進行すると脳梗塞に至る確率が高くなりますので、予防的に頸動脈エコーなどで頸動脈狭窄の有無を評価することが必要です。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 194 0.05 2.11 0 69.05
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 83 1.34 11.72 6.02 80.11
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 35 0.49 4.6 0 67.14
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 29 3.21 8.38 3.45 67.66
K654 内視鏡的消化管止血術 26 1.58 13.04 11.54 70.77
内科手術で患者数が多いのは消化器疾患で、最も多いのは大腸腺腫やポリープに対する内視鏡的治療(ポリペクトミー、粘膜切除など)です。 通常は二泊三日のクリニカルパスで行います。外科でも同様の治療を行っています。次に多いのは、胆管炎や閉塞性黄疸(結石や腫瘍)に対する内視鏡的胆道ステント留置術です。 緊急処置として施行する場合が多く、患者さんも高齢が多いことより、内視鏡治療後約11日の入院加療を必要としています。 また、内視鏡的消化管止血術も多く施行されています。胃十二指腸潰瘍出血に対して、緊急処置として施行する場合が多く、術後も10日以上の入院を必要とします。 最後に、腎臓内科において、腎不全の患者さんに対し血液透析を導入する際に行われるシャント増設術も増加しています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 73 1.48 2.66 1.37 71.44
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 39 0 15.9 5.13 71.41
K596 体外ペースメーキング術 20 1.3 17.2 10 78.8
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 14 0.07 6.64 0 69.64
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 10 0.9 2.8 0 68.8
循環器内科の主要な手術として、カテーテルを用いた治療である経皮的冠動脈ステント留置術が多くなっています。心臓を栄養する血管のカテーテル検査を行った後に予定して治療を行う場合や、即日入院して緊急で検査や治療を行う場合など、患者さんの病状に合わせて治療を行っております。また、症状を伴う徐脈性不整脈に対し、体外ペースメーキング術の施行や、必要に応じて引き続きペースメーカー移植術も行っています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7151 腸重積症整復術(非観血的なもの) - 0 2 0 1
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) - 0 5 50 0
小児科では手術を実施しませんが、手術を伴わない腸重積症の整復術(非観血的なもの)を実施しています。 手術が必要な場合には当院外科に手術を依頼するか三次病院への転院を検討します。当院で出生した新生児に仮死が認められる場合には軽度、重度のいずれの場合においても新生児仮死蘇生術を実施しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 105 0.19 2.83 0 68.83
K6335 鼠径ヘルニア手術 88 1.19 1.7 0 68.49
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 55 1.05 0.93 0 68.11
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 48 1.96 3.75 0 60.75
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 36 3.89 9.83 0 70.22
大腸ポリープ切除術は当日(または前日)入院、術後2日目に退院を設定しています。数値からはほぼそれにあった短い入院期間であることがわかります。鼠径ヘルニア手術では術前日入院で術翌日退院、胆嚢結石症では術前日入院で、術後2日目を退院日に設定しており、状況に応じて調節しています。下肢静脈瘤の手術はレーザー治療が基本となっています。2016年より開始したレーザー治療数は年々増加していて、2017年は80件を超していますが、約三分の一は外来手術となるため入院数は標記のとおりとなります。入院場合は前日入院、手術翌日退院が基本のため術前/術後は標記の入院日数となります。結腸癌/直腸癌の手術は合わせて90例を越しています。その80%は腹腔鏡補助下の手術です。結腸癌はすべて腹腔鏡補助下で行われており標記の数となります。高齢者・有基礎疾患の方が多いため、術前日数が標記のとおりとなっています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 70 1.21 27.54 14.29 74.21
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 60 4.83 20.22 38.33 71.55
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 57 1.75 9.16 7.02 55.53
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 41 1 2.12 0 45.59
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 39 1.46 20.85 7.69 67.23
整形外科では、変形性関節症や関節リウマチに対する関節機能再建を目的とした人工関節置換術を行っています。 また、救急患者や他の医療機関から紹介される骨折症例を積極的に受け入れるとともに、手術療法により強固な固定性を獲得することにより、良好な骨癒合の獲得や関節機能の早期改善に努めています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 39 1.08 14.03 17.95 78.23
K093 手根管開放手術 25 0.96 1.2 0 70.4
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 23 3.61 12.04 4.35 71.7
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 17 1 13.82 0 68.47
K6092 動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈) 14 1.29 13.36 14.29 71.07
脳神経外科で最も手術件数の多い慢性硬膜下血腫洗浄術とは、硬膜と呼ばれている脳を包んでいる膜の下に頭部外傷が原因で、2-3ヶ月後に血液が溜まり脳を圧迫する病気です。手術では、局所麻酔下で4cm程度の皮膚切開を行いその下に500円球程度の孔をあけて硬膜を切開し、血液を吸引する手術です。2017年度で39人がこの手術を受けています。平均年齢78.2歳と高齢であり10日前後の入院を要します。当院の入院で2番目に多い疾患である手根管症候群では屈筋支帯と呼ばれる手根部を横走する靭帯が手の感覚神経である正中神経を圧迫し手指掌側1-3指、および4指橈側のしびれ感をきたし病変が進行すると握力の低下や母指球筋の萎縮を認める疾患です。平均年齢70.4歳と高齢であり2日の入院を要します。手術では局所麻酔下で、屈筋支帯の厚みや石灰化の有無を確認し正中神経の損傷に注意し屈筋支帯を切開することで神経への圧迫を解除します。3番目に多い経皮的頸動脈ステント留置術では脳への血液が通過する頸動脈が狭窄している患者さんにステントを用いて狭窄部位を拡げることで脳血流を増加させる手術です。局所麻酔下でメスを入れずに施行できるため侵襲性が少なく安全な手術です。4番目に多い頚椎手術では椎間板や骨棘(首の骨が棘のように変形)したものが、持続的に頚髄とよばれる首の神経を圧迫することで手のしびれや筋力低下を認め、進行すると歩行障害を来たす疾患です。当院での手術では、おもに全身麻酔下で後方からアプローチし脊柱管とよばれる頚髄が走行する首の骨のトンネルを拡大し、頚髄への圧迫を解除する手術を施行しております。術後8-10日間程度の入院です。以下、動脈血栓内膜剥離術(CEA)が頻度の高い手術です。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 38 1.05 7.29 0 46.55
K867 子宮頸部(腟部)切除術 26 0.58 0.73 0 39.5
K861 子宮内膜掻爬術 21 0.67 1 0 56.48
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 20 0.9 4.55 0 40.15
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 17 1.06 9.24 0 48.47
産婦人科は地域の中核病院として、良悪性の婦人科腫瘍手術を行っています。 最も多く行っているのは過多月経などを主訴とした子宮筋腫に対する手術です。 挙児希望、子宮温存希望がない方には根治性の高い腹式単純子宮全摘術を行います。 検診により発見されることが多い子宮頸癌の前癌病変である上皮内癌や高度異形成に対しては、正確な診断と病変の除去を目的として子宮頸部切除術を施行しています。 良性の卵巣腫瘍に対しては腹腔鏡手術を行う場合と開腹で行う場合があります。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 628 0.86 1.01 0 74.81
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 94 0.56 3.83 1.06 65.37
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 23 0.7 2.61 0 71.43
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 16 0.69 3.31 0 73.69
K281 増殖性硝子体網膜症手術) 16 0.63 4.81 0 55.5
眼科での手術は水晶体再建術が最多で、硝子体手術(増殖硝子体網膜症手術を含む)、緑内障手術(流出路再建術)がつづきました。水晶体再建術、硝子体手術件数は前年度と同程度もしくは微増でした。重症の増殖硝子体網膜症手術が増加したこと、緑内障手術では眼内法を用いた流出路再建術件数が増加し、濾過手術の件数を超えたことが本年度の特徴です。本年度より、ロングチューブシャントの認定施設となりました。今後も手術療法の必要な患者さんを積極的に受け入れていきたいと思います。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 40 1.05 6.83 0 28.35
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 23 1.26 4.83 0 52.3
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 20 0.3 4.75 0 34.8
K370 アデノイド切除術 19 1 6.47 0 5.37
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 15 1 4.8 0 55.07
耳鼻咽喉科の手術において最も多い手術が口蓋扁桃摘出術となります。続いて鼻・副鼻腔手術となります。口蓋扁桃摘出術は幼児から成人まで幅広く行われる手術であるため、多い手術となっております。小児に関してはいびき症例に対して、成人例では習慣性扁桃炎、扁桃周囲膿瘍後の症例で多くなっております。続いて多いのが鼻・副鼻腔手術になりますが、ここ数年は扁桃摘出術よりも多かったのですが、昨年度よりやや減少となりました。その次に、扁桃周囲膿瘍患者が多かったため外来処置室で施行される扁桃周囲膿瘍切開排膿術が続いております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 56 1.25 5.84 0 70.77
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 44 1.7 8.34 0 74.61
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 36 1 3.61 0 61.47
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 34 1.91 8.71 2.94 68.03
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 14 0.07 4.79 0 51.57
平成29年度に、泌尿器科で最も多く行われた手術は膀胱悪性腫瘍や前立腺肥大症に対する経尿道的手術でした。泌尿器科ではこれらの手術を安全性の高い電解質溶液利用の方法で行っています。次いで腎結石や尿管結石に対する手術が多く行われています。レーザーを用いた内視鏡手術や体外衝撃波腎尿管結石破砕術を、結石の状態や患者さんの状態に合わせて最善の方法で行っています。また、泌尿器科、外科、婦人科などの病気による尿管通過障害に対する経尿道的尿管ステントの留置術が多くなっています。前立腺癌や腎癌の手術は、腹腔鏡下手術が増加していますが、病状によっては従来の開腹による手術を行う場合もあります。さらに女性の骨盤臓器脱や腹圧性尿失禁に対する低侵襲手術も増加しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0
異なる - 0.04
180010 敗血症 同一 - 0.05
異なる 43 0.51
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0
異なる - 0.01
180040 手術・処置等の合併症 同一 60 0.72
異なる 18 0.22
当院では高齢者や担癌患者の診療の割合が多い傾向があり、同患者が入院後に全身状態の重症化から、播種性血管内凝固症候群および敗血症にいたるケースがたびたびみられ、そのことがDPC病名と入院契機病名が異なっている傾向につながっていると考えます。 当院では多くの重症患者の診療に応えるべく、ICUを増設により充実した診療に努めていますが、そのことも結果として敗血症の増加に反映したものと思われます。 真菌症患者の症例は例年同様ごく少数にとどまっています。真菌感染は血液疾患、高度の免疫抑制状態の患者にみられる感染症ですが、それらを扱う血液腫瘍内科、膠原病内科が存在しないことが影響していると考えます。 手術・処置などの合併症は0.72%で、DPC病名と入院契機病名が同一なケースが多いです。これらの合併症については、事前に患者さんに十分な説明の上で手術・処置を施行していますが、今後も合併症を避けるべく、細心の注意を払ったうえで手術や処置に臨み、その数を減らすことを目指しています。
更新履歴